HOME > 診療内容 > ほくろ除去・ピアス・その他 > ほくろ・イボ除去

ほくろ・イボ除去

ほくろやイボは、お顔の印象を大きく左右します。悪性のものでなければ取り除く必要はありませんが、除去することでお肌の魅力を引き立たせ、明るく若々しい印象を与えます。
ほくろやイボと言っても色の濃さ、大きさ、形状は様々ですので、適切な治療法を選択することが大切です。鹿児島三井中央クリニックでは、電気分解法・炭酸ガスレーザー・切開法での治療を行っております。治療後の傷痕を目立ちにくくするためにはUVケアなどが必要です。

ほくろとは・・・

ほくろは、皮膚の一部に黒色の素であるメラニン色素を含む細胞(メラノサイト)が周囲より多く集まってできた母斑の一種です。ほくろは黒子とも呼ばれますが、医学的には色素性母斑と言います。
ほくろの色の濃さや形や大きさは様々で、生まれつきのものから先天性のもの、紫外線による後天性のものがあり、皮膚の全ての部位にできる可能性があります。メラノサイトが一層に並んでいるほくろは平らで、メラノサイトが重層しているほくろは盛り上がりがあります。顔や身体全てのほくろは治療により除去することが可能です。

ほくろ・イボ除去のイメージ

ほくろ・イボ除去のイメージ

ほくろ・イボ除去のイメージ

エルビウムヤグレーザー(ACTION Ⅱ)

エルビウムヤグレーザー

エルビウムヤグレーザーは、波長が2,940nmで、炭酸ガスレーザーに比べて水分への吸収率が約10倍あります。

熱影響がほとんどなく組織へのダメージを抑えることができるため最小限の痛みで施術が出来ます。

施術後の赤みや色素沈着のリスクを軽減できるので傷の仕上がりがとてもきれいです。
小さなものは麻酔なしで施術可能になります。

エルビウムヤグレーザー

エルビウムヤグレーザー(ACTION Ⅱ)によるホクロ除去治療の特徴

エルビウムヤグレーザー

切開法

切開法とは、ほくろ・イボをメスで切除し、切開した皮膚の両端を縫い合わせる方法で、大きさが比較的大きなもの(約1cm以上)に対しての除去法です。
抜糸後の傷痕は、くっきりとした1本の線になり赤みもありますが、時間の経過と共に赤みも落ち着いて薄くなっていきます。最終的には薄く細い線となり、ほとんど分からなくなりますが、傷痕が消えるわけではありません。抜糸は治療後7日目で、場合によっては肌色のテープを貼っていただくこともあります。切開法で除去したほくろは、再発の心配がありません。

電気分解法と炭酸ガスレーザー

切開法の治療時間とアフターケア

治療時間
約10分~20分
通院
抜糸のため術後約7日目に来院していただきます。
経過
腫れや皮下出血がでることもありますが、2週間ほどでおちついてきます。
洗顔・メイク
洗顔は抜糸翌日より可能で、メイクは傷口を避ければ当日より可能です。

治療費

電気分解法 1mm 5,000円(税抜)
炭酸ガスレーザー 1mm 5,000円(税抜)
切開法 1mm 10,000円(税抜)

鹿児島三井中央クリニックについて

鹿児島市山下町チャイムズビル6F
市電「朝日通り」電停前
  • 1Fがセブンイレブンのビルになります。
  • 提携駐車場があります。詳しくはお問い合わせ下さい。
開院時間
10:00-18:00 完全予約制
土・日・祝日も開院
予約時間
9:30-20:00

美容専門ダイヤル0120-077-614

予約専門ダイヤル099-805-2700

中央クリニックグループ ホームページ

Go Top